太陽光発電は各世帯で

1月 19th, 2014

太陽光発電をするためにはソーラーパネルが必要です。

このソーラーパネルを使って、何千、何万世帯もの電力を発電するには容易なことではありません。

また、太陽光発電というのは天候にも左右されるので、天気のいい日は大きな電力が供給できたとしても天気の悪い日は全くだったり、安定した電力が供給されないことは電気を利用する人にも悩みの種になってしまいます。

では、太陽光発電を普及させるためにはどうしたらいいのでしょうか。

簡単な方法は、各家ごとに太陽光発電で電力を発電する方法ではないかと思います。

各家庭の屋根の上にソーラーパネルを設置して、その家で使う分の電力を各家庭で賄う。

この方法が太陽光発電の一番効率的な発電方法ではないかと思います。

天気が悪いときは、地域の大きな電力会社が発電した電力を使えば問題も解消されると思います。

環境に優しい太陽光発電はみんなで一丸となる必要があるのです。